• ホーム
  • 妊婦や授乳婦はザイザルを飲まない方が良い

妊婦や授乳婦はザイザルを飲まない方が良い

鼻をかむ女性

花粉症治療薬の中では比較的安定した性能を持っているザイザルではありますが、妊婦さんや授乳婦さんの場合は飲まない方が良いとされます。
これはザイザルに含まれているレボセチリジンが赤ちゃんに影響を与えてしまう恐れがあるからです。
レボセチリジンの興奮作用によってどのような影響が出来るかについてはまだわかっていない部分があります。
いずれにしても赤ちゃんへの影響を考えると、授乳婦の方や妊婦の方は飲まない方がリスクを抑えることが出来ます。
過剰投与をしてしまうと授乳婦さんや妊婦さん以外であっても、大きな影響が出てしまいます。
それゆえに使用上の注意を確認しておくことは欠かせません。

ザイザルは使いやすいとされる花粉症治療薬となっています。
しかしながら、誰でも自由に飲むことが出来るわけではありません。
リスクを踏まえて、危険な場合は飲むことを控えることが大切です。
通常のザイザルは小さな子供が飲むことが出来ない仕様になっています。
これはまだヒスタミン受容体が成長していない段階でザイザルを飲むことがリスクとなってしまうからです。
間違って飲んでしまった場合には痙攣などの症状が起こることがあります。
また、飲み合わせにも注意しておきましょう。
常用している医薬品がある場合は、医師と相談した上でザイザルを飲むかどうかの判断を下すことが重要となります。
ザイザルに含まれている成分は胎盤にも影響を及ぼすとされます。
それゆえに妊婦の方も飲むことが出来ません。レボセチリジンが体内を通過するときに胎盤に栄養を与える可能性があります。
妊娠している可能性がある方も注意が必要です。通過の際に治療薬の成分が残ってしまうかもしれません。

ザイザルは基本的に副作用の少ない成分ではありますが、体質によっては副作用が強く出てしまうこともあります。
飲んだ後は自分の体にどのような反応があるかについて確認しておきましょう。
また、眠くなる成分を飲んでも眠気を感じないという方もいます。
実は花粉症の治療薬の成分は睡眠薬の成分と似ている部分があります。つ
まり、睡眠薬の影響を受けやすい方ほど、花粉症の副作用の影響を受けやすいといえるでしょう。
ザイザルはオーソドックスなタイプの薬なので、初めて飲む方にもおすすめ出来ます。
興奮作用や痙攣などの症状が出た場合はすぐに控えるようにしましょう。
もちろん過剰投与はしないことが前提となっています。
妊娠の可能性のある方や授乳している方は飲むことが出来ないので注意が必要です。
他の治療薬であれば、そういった状況でも飲める可能性があります。