• ホーム
  • 抗ヒスタミン作用はどんな効果がある?

抗ヒスタミン作用はどんな効果がある?

黄色の薬と花

ザイザルに含まれている成分には抗ヒスタミン作用があります。
この抗ヒスタミン作用こそ、ザイザルの大きな利点となっています。
人間の体にはヒスタミン受容体と呼ばれるものがあります。
花粉などのアレルギー物質が入ってくるとこのヒスタミン受容体と結合します。
それがアレルギー反応の大きな原因となります。そこで抗ヒスタミン作用を持つ治療薬を飲むことで、このヒスタミン受容体を先に塞ぐことが有効です。
ザイザルを飲むとヒスタミン受容体とアレルギー物質が結合しにくくなります。
これがアレルギー反応を防ぐために有効です。

このように受容体を先に塞いでしまうことでアレルギー反応を防げる物質はH1ブロッカーとも呼ばれます。
一般にはH1ブロッカーのことを抗ヒスタミン薬と呼ぶことが多いです。
この受容体を塞いでしまう方式は酔い止めにも活用されています。
嘔吐中枢を反応させないことによって酔い止めの効果を発揮します。
過剰な反応を防ぐという点では嘔吐中枢の反応を食い止める酔い止めも、過剰なアレルギー反応を防ぐ花粉症も原理は似ているといえるでしょう。
車酔いによる吐き気も人体の過剰反応であることは確かであるからです。
花粉症や吐き気などを緩和してくれるのが抗ヒスタミン薬のメリットです。

しかしながら抗ヒスタミン薬は脳にも強く作用することがあります。
脳にもヒスタミンの受容体があります。この受容体は集中をするために重要な役割を持ちます。
それゆえに脳の受容体にH1ブロッカーが作用してしまうと集中力などが低下しやすい状態になってしまいます。
これが眠気などの副作用の原因となります。眩暈を緩和することにも繋がるなど、メリットをもたらすことでもあります。
つまり、メリットとデメリットは表裏一体の関係があり、効き目が強くなるほど、副作用が大きくなります。
眩暈を抑制する作用を強くすることにより眠気も強くなることが多いです。
H1ブロッカーは基本的に人間の体の過剰な反応を抑制するために使用されます。脳への刺激を緩和することも出来ます。
それゆえに用量を超える服用は非常に危険なことに繋がる恐れがあります。
効き目がたとえあまり感じられなかったとしても、所定の量を守るようにしましょう。
また、胃腸への刺激を少なくするために空腹時を避けることが大切です。
就寝前に飲むことによって、眠気が出てしまうデメリットを感じにくい状態にすることが出来ます。
ただ、喉の渇きには注意しておきましょう。