• ホーム
  • 花粉症は食生活で改善可能?

花粉症は食生活で改善可能?

花粉症などのアレルギー反応は体の免疫と密接にかかわっていることが分かっています。
その免疫において非常に重要な器官が腸です。
腸内環境がどのような状態になっているかにより、免疫機能やアレルギー反応が大きく変わります。
腸内環境は食事によって改善することが出来、花粉症の症状も同様に食事の影響を大きく受けます。

花粉症の症状を食事から緩和するためには腸内環境を整える成分を摂取する必要があります。
その1つがaリノレン酸です。aリノレン酸は植物油などに含まれている成分となっています。
油というと摂取量が少ない方が良いというイメージがあるかもしれません。
実際には過剰摂取が問題となっているのであり、バランス良く摂取していく上では油も重要となっています。
腸内環境を整える食材の代表格となっているのがヨーグルトです。ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌が含まれています。
腸内の環境は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つのバランスで決まります。
つい悪玉菌優位になりやすい中で、善玉菌を増やせるヨーグルトを食べることは非常に有効です。これは花粉症対策だけでなく、風邪予防にも繋がります。

食物繊維を摂取することも花粉症対策になります。食物繊維とは人間の消化酵素では消化できない成分を言います。
消化することが出来ないので、体の中の様々な成分を含んで排出されます。
この時に老廃物などを除去してくれることが期待できます。
そのため、食物繊維を摂取することによって腸内環境が整うこともあります。
食物繊維の数を食生活の中で増やすことは非常に有効といえるでしょう。
食物繊維は根菜やしそなどに含まれています。食生活の中にどうやって取り入れていくかが重要となります。
根菜やしそ、乳酸菌を含む製品は一気にたくさん食べれば良いというわけではなく、少しずつ続けて取り入れることが大切です。
花粉症のアレルギー反応にはまだわかっていないこともあります。
しかし、腸内環境が整っている方はアレルギー反応が過剰に起こりやすいとされます。
腸内環境を改善して整えることは全般的な免疫機能を整えることに繋がります。花粉症と免疫には密接な関係があります。
何故なら花粉症で起こる症状のほとんどは、免疫が過剰に反応していることで発生するからです。免
疫が正常化すれば反応すべきことと、反応すべきでないことの判断が正確になっていきます。
これにより、花粉症によって起こる炎症を大幅に抑えられる可能性が高まります。