• ホーム
  • 薬が効かない花粉症にはレーザー治療

薬が効かない花粉症にはレーザー治療

花粉症治療薬が進化を続けているとはいうものの、薬がどうしても効かない症状もあります。そこで有効となるのがレーザー治療です。花粘膜にレーザーを照射し、鼻づまりの起きにくい状態にすることが出来ます。花粘膜に照射したからといって日常生活に支障をきたすことは基本的にないので、気軽にレーザー治療を受ける方が増えています。レーザー治療の効果は施術後すぐに現れるわけではありません。実際に効果が現れるまでには少し時間がかかります。それゆえに花粉の飛散前にレーザー治療を受けることが有効となります。飛散前から逆算していつ施術を受けるのが良いか耳鼻科で相談するのもおすすめです。レーザー治療はすぐに完了しますが、その時期が近づくと予約が殺到することもあります。その点からも早めに施術を受けることが有効といえるでしょう。
レーザー治療を受けたときには少し痛みがあります。しかし、それほど強い痛みではありません。鼻水などによる悩みを解決できるのであれば痛みは気にならないという方も多いです。それほど花粉症の鼻水で深刻に悩んでいる方が多いということでもあります。治療の際に痛いのは一瞬ですが、その後1週間ほどは少し違和感があるかもしれません。1週間が経過すれば必要な部分は回復するので違和感はなくなります。鼻の感覚が変わってしまうこともありません。
レーザー治療は花粉症対策として有効です。ただ、全ての方に有効であるとは言い切れません。この施術を受けても効果を実感できない方もいます。このレーザーと治療薬を組み合わせることにより、高い花粉症対策の効果を発揮させることが出来ます。施術は耳鼻科などで受けることが出来ます。最近ではこの施術を利用する方が増えているので、ホームページなどで予約を受け付けているケースがあります。花粉症の症状でどうしようもないという方は受けてみることをおすすめします。それほど高額な施術ではないので安心です。治療を受ける前にはアレルギーチェックを受けてみることも有効です。花粉症だと思っていたら実は他のアレルギーだったというケースは珍しくありません。特に寒暖差アレルギーは花粉症と勘違いされることが多いです。原因によって治療の方法が変わるので、原因を確認しておくことは重要といえるでしょう。これは治療薬を探すときにもいえることです。アレルギーチェックを受けてから治療を受けたり、治療薬を探したりすることで症状を改善しやすくなります。花粉による鼻づまり抑制や鼻水抑制を実現したい方には特におすすめです。