• ホーム
  • 運動が花粉症対策に繋がる理由

運動が花粉症対策に繋がる理由

自律神経の調子を整えることは花粉症の対策になります。自律神経は交感神経と副交感神経で構成されています。忙しい日々の中で副交感神経優位のリラックス状態を作れないことが、花粉症の症状を悪化させることに繋がることがあります。それゆえに、副交感神経優位の時間帯を作ることが花粉症を緩和させるためにも有効となっています。そのために重要となるのが運動です。運動中は交感神経優位となります。運動をすることによって交感神経優位の時間帯を明白に作り、その後の休息で副交感神経優位の時間帯を作りやすくなります。また、運動をした後にはセロトニンというホルモンが分泌されることもあります。セロトニンとは人間が幸福感を得る効果を持つホルモンとなっています。ストレスの解消などに繋がるホルモンであり、なんとなく気分が乗らないときにもこのホルモンの分泌があれば切り替えやすくなります。
日々の生活の中でストレスを感じているという方は少なくありません。ストレスは自律神経を乱す1つの要因になります。ストレスが溜まると免疫機能が不調になってしまい、体調を崩しやすくなっていきます。リラックスできる時間を作り、ストレスを解消することが免疫機能を正常化するためには有効といえます。そのためには睡眠時間を確保することも大切です。睡眠時間の確保により、体内時計が整えば基礎代謝が向上する可能性もあります。基礎代謝が向上すれば免疫機能の正常化、消費カロリーの上昇に繋がるかもしれません。花粉症対策においても非常に重要であることは間違いありません。
人間のからだは体温が上がるごとに免疫力が飛躍的に高まることが分かっています。免疫力が高い状態にするにはある程度体温を高くすることが重要となります。運動をすると心拍数が上昇し、体温も上がるので免疫力が高くなりやすいといえるでしょう。ストレスの発散を能動的に行うことは容易ではありませんが、運動をすることはその方法の1つとなっています。花粉症対策をするために屋外で運動すると、その時に花粉を吸ってしまう恐れがあります。それゆえに室内で運動をすることも有効となります。ストレス発散になることがあるという場合は、それを実践するのがおすすめです。軽いスポーツなどをすることも非常に有効となっています。他にも楽器の演奏や仮眠、ストレッチなどは花粉症対策に繋がります。複数の行動を組み合わせることで効果を高められる可能性もあります。